TopRSS管理
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
書きたいこと、見せたいもの色々
太陽と麦


色々とやりたい事があり、活動的な季節になってきました!
あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい。
けど時間が全然足りないです。
毎日2時とか3時とか4時(ひどいときは1時前)に目が覚めて、布団の中で本を読みながら明るくなるのを待つ毎日です。
まったく、夏と冬の体調の極端な差をどうにかできないものかと思います。

今年もこれと言った計画を立てないままGWに突入して、もう終わりそう。。

書きたいこと、お見せしたい物が沢山あってなんかまとまりのない文になりそうですが、氣ままに書こうと思います。

ミミズコンポスト10

シマミミズたちは相変わらず元気です。
コンポストのことを色々考えていたら、何かと改善点が出てきて、二つに増やしました。
結局色々考えた末、とてもシンプルな作りになりました。
食欲はと言うと、相変わらず思ったほどではなく、コンポストと言うよりはただ単にミミズを飼っているという気持ちでいます。
様子見ているだけで面白いので。
先日いつもどおり手で掘り返して見ると2匹のミミズが絡まり合っていました。
繁殖期の様です。ミミズの生態について、ちょうど数日前に詳しい方からお聞きしたばかりでした。
みみずは雌雄同体でちょっと太くなった部分が生殖器官だそうです。
お互いにその部分を絡み合わせてお互いに精子を交換してそれぞれが卵を産むそうです。
交尾は年に一回で、その一回で受精した卵を1年かけて何度も生むそうです。
さあ、これからどんどん増えそうです。

モッコウバラ


植えたばかりのモッコウバラ、花が咲きました!
2~3年後には工房の看板の上まで這って入口を華やかに飾ってほしいと思っています。


ストロベリートーチ


駐車場の真ん中にストロベリートーチ。
こぼれ種で勝手に芽を出しました。
初めはシロツメクサかと思い、ほうっておいたらストロベリートーチでした。
駐車場の真ん中にこんな丈の高いのは困るのだけど、、。


リメ缶


リメ缶、こんな新作を作りました。
高級感のある雰囲気の仕上がり! と、自分では思っています!


額


ついでに野ざらしで朽ちたベニヤ板や枝に色を塗って額縁も作りました。
左はクリムトの絵です。昔からよく見かける絵でしたが、正直その頃はこの絵を見ても特に何も感じる事がありませんでした。
今はこの絵、たまらない気持になります。

中央はかわいい絵を見付けたのでプリントアウトしました。
絵もプリントアウトではなく自分で思い通りの絵を描けたらどんなに良いかと思うけど、絵は苦手です。

染色やペンキ塗りを始めるとついつい何でも塗ったり染めたりしたくなってきます。

でもペンキはとても環境に悪そう・・。
昔はあまり気にせずに使い終わった刷毛や布を洗い流していましたが今は洗い流さないで使っています。
このやり方はジャンク風な作風でしか活用できない方法ですが、かなりエコロジーでエコノミーな方法なので、ちょっと紹介します。

使い終わった刷毛は油性ペンキでも水性ペンキでもいつもそのままひとつの決めた専用の缶に水を入れてその中に突っ込んでいます。
ペイント薄め液とかラッカー薄め液なんて使いません。
そのかんはもう一年以上洗わずに置きっぱなしです。
こんな汚染水、放流できないので今後もずっとこの状態で使い続けることになりそうです。
色んな色のペンキが混ざり合い、【秘伝の継ぎ足しのたれ】状態です。
繊細な色塗りはできませんが、ジャンク風の作品ならこの【秘伝の継ぎ足しのたれ】がいい味を出してくれるのです。
初めは洗い流すのが気が引けて数日置いたままにしていたのが始まりなのですが
とりあえずここにそのまま突っ込んでおけば、ペイント薄め液を使わなくても刷毛が固まらないのでこのやり方が習慣になりました。
使い終わった軍手やタオルも洗わずに塗料が浸みこんだベトベトな状態でビニール袋に入れます。
そうすれば乾かないので、タオルや軍手にしみ込んだ塗料がそのまま次回に使えます。

こんな状態でもうずっと長い事同じ刷毛と軍手とタオルとビニール手袋を使い続けています。
次回この塗料のしみ込んだタオルや軍手ででとんとん叩くだけで良い色が塗れますよ。
油性ペンキも水性ペンキもごちゃまぜにしみ込んだこの刷毛とタオルと軍手がとても良い仕事をしてくれるのです。

塗料はピンクや緑などは基本的に買わずに赤、青、黄色の3原色と白、黒をブレンドして作ります。

この方法、出来上がる作品はどれもジャンク風になってしまいますが、塗料を洗い流さずに無駄なく使えますよ。





多肉植物


多肉植物も次々に発根したり発芽してきたものを植え付けています。。
ホントすごい! この季節は特に。
植物たちの勢いもすごいし、わたし自身の体も氣持ちもほんの数週間前の肌寒かった頃に比べて全然違って活動的です。
酵母も発酵が盛んになってきて、どんどんパンが出来ます。


畑


畑も徐々に進化しています。
初めは欲張って畝を6本作ったのですが、通路を沢山作るのは勿体ないので畝を3本に変えました。
畦はかなり深めに掘って、枯葉やむしった草、生ゴミなど有機物をどんどん撒いています。
周りの畑の人たちは、むしった雑草を用水路の脇に捨てているのですが、わたしはその草を持って来ては、畦に撒いています。
畑に行く道中、公園でいくらでも落ち葉を集めることができます。

現在は南北に3本の畝を立てているのですが、色々考えてみたら、東西に畝を作った方が良いように思えてきました。
冬になったら耕し直そう。
今畦に撒いている有機物が良い堆肥になるだろうから、来シーズンはもっと肥沃な土に変わっていることでしょう。
今回は以前に畑を借りた時よりは、ちょっとは本を見て勉強しているけど、やっぱり我流でやるのが向いているようです。笑
料理も洋裁も編み物もレシピ本を読んだり編み図を見たりするのは苦手です。出来上がりの画像をボーっと眺めて作り方を想像するのは大好きなのですが。
でも本を見てみると、「これは絶対に我流ではたどりつけない事が書いてあるな。」
と言う事が沢山あります。

トマトの脇芽摘みとか、ジャガイモの芽かき、土寄せとか、イチゴのランナーの孫株とか前に畑をしていた頃に初めて知った時は「これは教えてもらわないと見つけ出せないな。」と思いました。

でも、勘まかせの我流の割にはかなり良い線いっているな! と確認できる事も沢山あります。笑

今回の畑は粘土質で鍬を入れると、ベッタリ土がこびり付いてとても重く耕しにくいです。
この土を、一年かけて出来るだけお金をかけずに耕しやすい団粒構造の土質に土壌改良する方法を考えるのが今の楽しみでもあります。自分なりにはベストなイメージが出来上がっています。
今回は力を抜いて畑に取り組もうと思っていたけど、だんだん力が入ってきました。

ミミズコンポストにしても畑にしてもリメ缶にしてもやり始めるとどんどん改善点が見つかってきて、日夜そんな事ばかり考えている頭の状態ってとても楽しいものです。




さてさて、他にも沢山お見せしたい物があるほどあちこちの草花や生き物たちの様子は日々変わっているのですが、切りがないので・・。


先日【かみさまとのやくそく】と言う映画を見てきました。
本当は今回その映画を観た感想を書こうかと思い【かみさまとのやくそく】と言う題名で記事を書こうと思っていたのですが、
ミミズ、畑、多肉植物など、他の書きたい事で長くなってしまったので、今回は題名を変えてここで更新する事にします。

【かみさまとのやくそく】については次回氣が向いたら書くかも知れないし、書かないかもしれないです。
と言うのは、ものすごく感じる事が多かったのですが、上手い事感想をを書けなそうなので。

この映画を知るきっかけになったのはこちらのブログです。↓
【自由人のカルマヨガノート】
わたしがいつもチェックしているブログの中の一つなのですが、いつも氣付きを得られます。
素晴らしい文章力なので、わたしが下手に感想書くよりも、こちらを紹介した方が良さそうなので。笑



今回は手作り作品の紹介ばかりになったのでこの動画を貼り付けたいです。
浅井健一はいつも歌詞がすてきで沢山の氣付きを得られます。
スポンサーサイト
[2015/04/28 09:31] | 趣味 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
リメ缶
雨続きでちょっと鬱陶しいですが、コンポストのミミズたちは元気にうごめいています。
今のところ食欲は期待したほど旺盛ではないけど、新しい環境にはすんなり馴染んだようで、
毎朝、手で土を掘り返すと、ピュッと機敏に頭をひっこめます。
一日に何度も様子を見たくなるけど、ストレスになるだろうから、朝一回だけ見るようにしています。
すぐに頭をひっこめるのでなかなか画像を写せません。
そのうち食欲も出てくることでしょう。

201549シマミミズコンポス


ぎぼうしはこんなに大きくなりました。
ぎぼうし2015410



去年は全然庭いじりをする気にもなれず、庭は荒れ放題。。

今シーズンはまた園芸に力を入れたいと思っています。
一昨年は冬の期間、多肉植物を室内に移動したのですが、去年は外にほったらかしでした。
野ざらしで生き延びた多肉植物たちは、色もよくとても力強いです。
2015多肉植物



今年は又多肉植物を増やしたい。
葉刺しでどんどん増やせます。

多肉植物葉刺し

さて、最近【リメ缶】と言って空き缶をリメイクして、それに多肉植物を寄せ植えするのが流行っているようです。
わたしも空き缶に簡単に色を塗って草花を植えたりしていたけど、リメ缶と言うの、面白そうなので、試しにやってみました。
中途半端に残ったペンキが沢山あるし、空き缶も沢山あるし、コンパクトにしたいという思いもあったけど、かえってかさばる結果になった。。
でも作るのは楽しいものです。
古ーいペンキの缶、開けてみるとカチカチに固まってしまっているものもあるし、乾きかけてねっとりしているものもありました。


今年は多肉植物を増やしたいと思っていたので、植木鉢としてちょうど良いし。


沢山作ったので、ちょっと作品をご紹介します。

まずは空き缶に下塗りをします。
元の柄を消すためなので、何色でも良いです。

リメ缶下塗り


適当に好みの絵などを拾ってきてプリントアウトします。
ジャンクなイメージや、アンティークなもの、ポップなもの、それと、私は昭和レトロもけっこう好きなので、そんな感じの物も多いです。

リメ缶プリント


切りぬいて、周りを焦がしたりします。
リメ缶プリント2

好みの感じに色を塗ります。
塗料に砂を混ぜたり、さびっぽい色に塗ってみたり、色々と技法があるようです。
ネットで【リメ缶】で検索してみると、沢山出てきます。
人によって作風が全然違うので面白いです。
わたしは行き当たりばったりでこんな感じに塗ってみました。
リメ缶アート

完成!
棚に並べて写真を撮ってみたのですが、またしてもピンボケ。。
リメ缶棚


気に入った物をいくつかピックアップして撮り直し。

題名も作者も知らないけどよく見かける絵です。
リメ缶アンティーク

使ってないケーキの型も多肉植物の鉢にちょうど良いので塗ってみました。
リメ缶アンティーク1

これも良い感じに仕上がりました。
リメ缶アンティーク2

懐かしい昭和レトロな感じ。
あえて単色でべた塗りにしました。
リメ缶レトロ

リメ缶レトロ2

リメ缶プーさん


一斗缶。  おもちゃ箱にしてみました。
使ってくれるかな??
リメ缶おもちゃ箱

物を作り始めると、どんどんイメージが膨らんできます。


[2015/04/08 21:44] | 物作り | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
シマミミズコンポスト
シマミミズコンポストを作りました!
今回は画像が沢山あります。
見てもあまり面白くない画像ばかりかもしれませんが。。


シマミミズは、ものすごく食欲旺盛で、日々の生活の生ゴミをどんどん食べて分解してくれるそうです。
生ゴミが減ることによりゴミの焼却エネルギーが大幅に減らせるし、生ゴミは良質な肥料として利用できます。

シマミミズの糞は窒素、リン、カリウムなど、植物にとって素晴らしく良いバランスの肥料になるそうです。

シマミミズコンポストについては検索すると沢山出てきますので、興味ある方は検索してみて下さい!

どんなに素晴らしいものか、とりあえずこちらを貼り付けておきます。↓

始めよう。ミミズコンポスト

わたしはまだ始めたばかりなので結果が出ていないのですが、とにかく読んだり聞いたりしたところによると素晴らしいそうです。

生ゴミを普通の可燃ごみと一緒に捨てるのはとても勿体ないので、庭に穴を掘って埋めていたのですが、分解がなかなか追いつかないです。

室内で段ボールコンポストなども試してみましたが、それも今一つ分解が進みませんでした。

シマミミズコンポストを知ったのは去年か一昨年で、その長所を聞いた時に
「これは絶対試してみたい!」
と思ったのですが、取り掛かれずに一年以上過ぎてしまいました。

温度とか湿度とか、通気性とか、ネズミや他の虫などが入り込むと、ミミズを捕食して全滅してしまったなどと言う話も読んだりしたし、ミミズによって作ってもらった良い土を集めやすい構造とか考えると、百葉箱の様なものを作ろうかな??などと考えていたのですが、そうなるとちょっと面倒くさい。。。
そんな感じで時間が立ってしまいましたが、最近急にまた思い立って作りはじめました。
百葉箱の様な面倒くさい物を作るのもやめて、雑だけど簡単に作りました。
雑だけど、通気性、温度、湿度、捕食する生き物が入り込まないこと、土の取りやすさなどはクリアしていると思います。


まずはシマミミズを飼うためには50cmほどの深さが必要らしいので、発泡スチロールの箱の底を抜いて二つつなぎ合わせました。

ミミズコンポスト1

ミミズが作ってくれた肥料の土がポロポロ下に落ちるように紐を張ります。

ミミズコンポスト2

それをケースの上にセットして、その上に発泡スチロールの箱をセットします。

ミミズコンポスト3

上のふたも通気性があり、虫が入り込まない事も考慮して作ります。

ミミズコンポスト4

日々使い易いように台所の窓辺にセットしました。

ミミズコンポスト5

それぞれの部分のつなぎ合わせは、通気性と虫が入り込まない事を考慮して、余り布を挟んでいます。

ミミズコンポスト6


ベニヤで作っているので、雨に濡れないようにカバーを作ってかぶせました。

ミミズコンポスト7.


ところで
コンポストの横に去年植えたぎぼうしが芽を出し始めています。
ぎぼうしは宿根草です。日陰でも良く育つそうなので、去年植えました。
元気に根付いてくれたのですが、冬には地上部はすっかり消えてなくなりました。
宿根草とは聞いていてもこうもきれいさっぱり姿を消すと本当にまた芽を出すのかな??と心配でしたが、しっかり芽を出してくれました。

ぎぼうし1.

力強く芽を出しています。

ぎぼうし


さて準備万端!
後はミミズの到着を待つばかりです。





数日後、
来ました!!

娘は箱の中身が何か気になっているので、
「しまじろうとみみりんが沢山来たでーー!」
simajiroumimirinn

と言ったら、娘もワクワクしながら一緒に箱を開けました。

箱を開けたら沢山のシマミミズ。
「これはしまじろうでもみみりんでもない!ミ、ミ、ズ!」
としっかり訂正されましたが、ミミズでもまんざら嫌でもなさそう。笑

ミミズコンポスト8


さっそく準備万端のコンポストに入れてみました。良い環境で育てられたようで、かなり元気です!
あっという間に土の中に潜っていきました。
ミミズコンポスト9


ミミズが到着するまでの5日ほどでぎぼうしも大分芽を出しました。
3
ぎぼうしは【うるい】とも呼ばれ山菜として子供の頃よく食べました。
今年からはうるいを食べれるようになりそうです。

ミミズも飼ってみるとかわいいものです。毎朝ミミズの様子を見るのが楽しみになります。
シマミミズコンポストの結果の程は、今後書いていきたいと思います。
[2015/03/30 09:51] | 家庭菜園、ガーデニング | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
氣楽に畑
畑を借りることにしました。
以前にも借りていたことがあったのですが、2年ほどでやめてしまいました。

体力が付いて行かず、持て余したからやめたのですが、土や植物と触れ合うあの充実感は他では味わえない感覚でした。

今回はさほど畑をまた始めたいと思っていた訳でもなかったけど、けっこう広い畑が格安で借りれる話があり、とりあえずキープしておかなければ勿体ないし。くらいの気持ちでした。でも話が決まると、どんどん興味はそっちに傾いていくものです。


前の畑よりも少し遠くなるけど、広いし賃貸料も安いので、もし真面目に取り組めなかったとしても、さほど負担にはならないし。
まあすっごく力抜いて氣楽に取り組もうと思い、借りることにしました。
真面目に取り組めば、年間の野菜代が大幅に削減できるくらいの広さです。まじめに取り組めば。ですが。笑


今回はとにかく氣楽にやりたい。
無理をしない。
しんどかったらやらない。

前も全然真剣に取り組んでいた訳ではないのだけど。



前回はホームセンターなどの土は出来るだけ買わないで土作りも出来るだけ自分でやって行こうと思っていたし、他にも色々と自分の中でこだわりを持ってやっていたけど、今回はもーーっと力を抜いてだらだら楽にやろうと思う。
こだわりを持って取り組むのは、良い意味で励みになれば良いけど、負担になっていたなと思うところもある。

無農薬、無化学肥料で固定種、在来種を育てると言う事くらいはこだわりたいけど、まあそれもあまりガチガチにならずに行きたい。
農薬や化学肥料を使うことの方がかえって精神的負担になると思うので、それも楽な方を選んで、使わないでやることになると思うけど、【絶対に使わない!】と決める訳でもない。まあそんな物使いたくないから使わないだろうけど。




氣楽にやるというのは、畑に限らず、色んな事を力を抜いて取り組むようにしていきたいと思う。

わたしはけっこう何をやるのも極端で、ゼロ百思考が激しく、出来ないと自分を激しく責めてしまうし、自分を許せない人は、他人も許せないという事が今頃になってやっと解ってきました。


抜いて良いところにまで力が入っているから、力を入れるべきところに力を入れれない。

ここ数年で、自分がどれほど融通がきかなくて苦しい性格をしているかが見えてきた。気付けて良かったと思っている。
年齢的に遅い氣付きではあるが、気付かずに一生終わる人も沢山いるのだし。


今回の題名は【氣楽に畑】ではなく【ゼロ百思考】とか【自分を許す】とか言う題名にしようかと思ったくらいです。

でも【氣楽に畑】が一番ユルい感じなのでこの題名にしました。


今回は何から何まで、ゼロから自分でやろうとはせずに、ある程度楽に効率よく収穫を増やしていきたいと思っています。

「ちょっと、きゅうりが採れ過ぎちゃって、食べてくんない?」って人に言えるくらい収穫したいものです。笑


それにしても、体力がなくて、ちょっと耕しただけで息切れしてしまう。
気持ちいいと思えるようになるまで、しばらくかかりそうです。。。
でも、しんどかったら、畑を眺めに行くだけでも良いし、それすら面倒な時は行かない。

それくらい気を緩めて取り組み始めて、3週間ほど経ちました。

今日は休日で娘を連れて行ってきました。
用水路で遊んだり、つくしを積んだり土をいじったりする感覚をぜひ体験させたいと思って。
わたしが子どもの頃は近所にいくらでも空き地や林などがあり遊び場所に困ることなど無かったのですが、今は休日の度に今日はどこに連れて行こうかと悩んでしまいます。
ショッピングモールや、遊園地など、お金を払わないと楽しめない所ばかりです。

畑に連れていったところですぐに飽きて帰りたがると思ったのですが、意外にも気に入ったようでタンポポを摘んでは用水路に流して遊んでいました。
タンポポの茎を割いて水に浸けると蛸足の様になるのを教えたら、飽きずに何度も試していました。
いい加減私の方が飽きてきて「もう帰ろうよ。。」と何度も促してもなかなか帰ってくれませんでした。笑

わたしがショッピングモールなどよりも畑などを好きになってほしいという気持ちを察しているのかも知れませんが。
子供は親に喜んでもらいたいものなので。

でもああいう自然に近い所で遊んだ後は、家に帰ってからも情緒が安定しているような感じがしました。




数日前に行った時には、ツクシが沢山生えていました。


つくし1

豆腐と炒めて、醤油で味付けして食べました。

つくし2

おいしい!!



今日充分行ってきたのに、また畑に行きたい。
イイ感じ♪  



[2015/03/21 21:47] | 家庭菜園、ガーデニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
味噌作りと、メロンパン作り
今年2回目の味噌の仕込みをしました。

味噌を手作りするようになって、今年で3年目です。
年々手慣れてきて、どんどんがさつな作り方になってきました。笑

1年目は、失敗するのではないかと心配で、丁寧に丁寧に少しの量を長い時間かけて作っていたのですが、結構いい加減に作っても失敗するものではないし、いい加減な作り方でも十分おいしく出来るものです。

味噌の作り方は、検索すればいくらでも出てくるので、特に書きませんが、「やってみたいけど、大変そうだしなぁ・・。」と躊躇している方が居られましたら、迷わず是非やってみて下さい!!
びっくりするほど簡単に出来て、しかもすごく美味しいです。本当に。

大豆を茹でるのにけっこう時間がかかりますが、茹でるのさえ終われば、あとは麹、塩を混ぜるだけのことです。

初めのうちは、すりこぎで大豆をよくつぶしたり、味噌団子を作って力いっぱい樽に叩き付けたりしていましたが、最近は茹で時間を長くして、大豆を柔らかくして、手で混ぜながら潰すくらいで、念入りに力いっぱい味噌団子を叩きつけることもしなくなりました。


1年目の時は、どのくらいの量を作れば一年分作れるのか判らなかったのですが、米麹12kg分で仕込んだら、我が家の場合一年持つ量が作れることがわかってきました。
ちなみに12kgの麹でやく40kgのみそが出来上がります。
うちは味噌の消費量がかなり多い方だと思います。

一度に40キロ仕込むのは大変なので、20kgを2回に分けて仕込んでいます。
年々作業時間も短くなってきて、お手軽になってきました。

特別な作り方はしていません。初めに教えてもらった、すごくオーソドックスな作り方で、特に工夫はしていないのですが、それでもすごく美味しいみそが簡単に出来上がりますよ♪
ぜひ皆さんもやってみて下さい。

味噌仕込み
















さて、今回書きたいのは、味噌よりもメロンパンの方です。
最近ベジスイーツ作りにチョットだけはまっています。
わたしは震災前まで食品添加物や、農薬、放射能、遺伝子組み換えなど全然気にせずに生活していました。
「いちいちそんなこと気にしていたら、食べられるものなくなっちゃうじゃん。」
と言う考えでした。
震災以降放射能をきっかけに食の安全性を見直す人が増え、そういう人たちの影響で氣にするようになり始めました。
知ってしまうと出来るだけそう言う食べ物は子供から遠ざけたくなります。

といっても私自身子供の頃は、親に止められてもジャンクフードやら毒々しい色の付いたもの、口の中でパチパチ音を立てたりシュワシュワ泡立ったりへんてこりんなお菓子を喜んで食べていたので「ダメ!」と言って取り上げてしまうだけではかわいそうなので、出来るだけ安全な食材を使って満足できるお菓子を作ってあげたい。

まだまだへたくそで、なかなか子供からの合格点はもらえないけど作るのが面白くなってきました。
スーパーマーケットで、娘が欲しがる駄菓子を買って(本当は買い与えたくないところだけど。。)一緒に食べて、裏の成分表示を見て作り方を考える。なかなか面白い事です。
カボチャプリンやチョコムース、ココナツアイスクリームなどなど色んな美味しい物が作れるようになってきました。

どれもこれも簡単に作れるものばかりなので、また今度ご紹介したいと思います。

今回は初挑戦でまだまだ完成度の低い天然酵母のメロンパンをご紹介します。

天然酵母と言うと難しいと思われる方が多いと思いますが、全然そんなことないのです。
米をといで炊飯器でご飯炊く手間とそんなに変わらないのです。
別に特別なコツを知っているわけでもないのですが、パンを作るようになって三年になりますが、焼き過ぎて焦がしてしまう事がごくたまにあるくらいのもので、大した失敗はほとんどないです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オーソドックスなパンは天然酵母液と強力粉を混ぜて、膨らんだら成型して焼くだけです。

天然酵母液と言うと、その時点で、難しそうに思われるかも知れませんが、酵母の管理もこれまたびっくりするほど簡単なものなのです。
瓶にレーズンと水を入れて十日もすればそれで酵母液の出来上がりです。
あとは使って減った分、砂糖水を補充すれば次の日には全部が酵母液になっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たったそれだけでできますよ。
あとは、粉を全粒粉にしたりライ麦にしたり、米粉を入れたり酵母液の補充を、イチゴにしたりいちじくにしたり、サツマイモにしたり、いくらでも変化出来ます。
是非とも味噌と一緒に天然酵母パンも簡単だと言う事を念頭に置いて、多くの人に試してもらいたいと思います。



さてさて、メロンパン。
何度もパンを作ってきましたが、メロンパンを作ろうとは考えませんでした。
パン生地は簡単に出来るだろうけど上にのっている甘味の部分。あれの作り方が判らないので作れないと思っていました。


娘が「メロンパン食べたい!」と言うので、じゃあ今度上に乗せる甘味の部分をネットで検索してみようかな。と、なんとなく思いながら、すっかり忘れていました。

つい先日大阪の町をぶらぶら歩いていると、天然酵母のパン屋さんがあったので、ふらりと入ってメロンパンを買いました。
ちょっとお店の人とお話が出来たので、ずうずうしいけど、思い切って聞いてみました。
「メロンパンの上にのっている甘味の部分って何で作っているのですか?」
「ナタネ油と砂糖と粉ですよ。」

企業秘密などと言わずにあっさり教えてくれましたが、肝心の【粉】と言うのが何なのか?
思い切って更に聞いてみました。
「その粉にメロンの粉末とか何かが入っているのですか?」
「え??いえいえ。粉って小麦粉ですよ。」
「え?メロンパンってメロンは入ってないのですか?」
「こういう形に作られた物をどこでもメロンパンって呼んでいるけど、メロンは入れないですよ。うちでは替わりにレモンで香り付けていますよ。」

全然企業秘密なんてことはなく、それどころか、粉の銘柄や、砂糖の銘柄まで丁寧に教えて下さいました。
すばらしい! 材料に自信あり!ですね。

考えてみたら子供の頃から食べているメロンパンってメロンの味を感じたためしがないですね…。
なーーんだそうだったのか。 自分もまだまだ頭が固いな。


と言う訳で早速次の日作ってみました。


まだまだ改善の余地はありますが、そこそこ美味しい物が出来たので、作り方をご説明します。


まずはメロン生地 (左)
教えて頂いたとおり 砂糖、ナタネ油、粉(メロンらしく黄色いデュラム粉を使いました。)
を混ぜたもの

そして、レーズン、強力粉、砂糖、酵母液を混ぜたもの (右)
今回はもち米の粉も試しに少し入れてみました。

分量は適当です。はかりなど使わないで、触感で作ります。

メロンパン1




ビニール袋に入れて発酵させます。
発酵時間は、夏なら2~3時間だし、冬なら二日くらいかかることもあります。要は膨らむまで待ちます。てきとうでよいのです。膨らめば。

メロンパン2



これくらいに膨らんだらOK! 

メロンパン3.


成型してメロン生地をのせて、さらに少し膨らむまで二次発酵させます。
二次発酵も適当です。面倒くさければ二次発酵抜きで焼いちゃうし、ふっくら柔らかいパンにしたければ、長い時間二次発酵するし。どちらにしてもおいしいパンが焼けます。(あくまでも家庭料理レベルの)

今回は急きょカカオを混ぜて、チョコメロンパンも作りました。

メロンパン4


ジャーーン!  焼けた。

メロンパン5


切ってみるとこんな感じです。
餅粉を入れたので、すっごく弾力があります!
米粉は今までに何度も試しましたが、餅粉は今回初です。
少量でも米粉とは全然違う食感になりました。

メロンパン6

ちなみに今回のは、「おいしい! また作ってね!」と合格点をもらえました。笑

研究、改善すればもっと美味しい物が作れると思います。

震災がきっかけでも、動物愛護でも、スピリチュアルでも、健康志向でも入り口は何でも良いので、食の安全を見直す人が増えれば良いと思います。

買えば高い、有機栽培の材料を使った健康食品も作れば格安で出来ますよ。

ぜひお試しください♪

[2015/02/26 21:47] | 酵母、発酵 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
スペースデブリ
前回記事でプラネタリウムに付いて書こうと思いますと書いたので、とりあえずそれに付いて。

先日家族でプラネタリウムを見てきました。
プラネタリウムは小学生の頃に遠足で一回だけ行ったきりなので、わたしにとって人生2度目のプラネタリウムでした。
小学生の頃は別に興味も無かったので面白いという印象はなく、それ以後特に行きたいと思ったことはなかったのですが、
ここ2、3年程で宇宙に対する興味が全然変ったので行ってみたくなりました。


子供の頃から、宇宙の果てとかビッグバンとかブラックホールとか光速で移動すると時間がどうなるとかそんな番組を見たり友達とそんな話をするのは大好きでしたが、星座を観察するというのはわたしにとっては別物で、さほど興味がわきませんでした。

プラネタリウムでの説明はスペースデブリに付いてでした。
スペースデブリとは宇宙のゴミの事です。 
ロケットや人工衛星を打ち上げてそのままゴミになった物とかですね。

御存じない方はこちらに説明がありますのでどうぞ。
http://fanfun.jaxa.jp/topics/detail/2125.html

スペースデブリの問題などと言うのは、人間が宇宙にロケットを打ち上げるようになった、ここ数十年の事です。
わたしたちの暮らし振りがそのまま地球の環境に反映しているのが判ります。

まだ子供の頃にゴミの問題について考えたものですが、私は子供なりに地球の中心部分の高熱の所まで穴を掘ってその熱で溶かしてしまったらどうだろうか?あるいはロケットに載せて、核兵器とか武器とかゴミとか厄介な物は全部宇宙のはてに飛ばしてしまってはどうだろうか?
などと無責任な事を考えたものです。
穴を掘って放射性廃棄物を埋めるとか、宇宙にゴミを播き散らかすとか、、そんな無責任な想念が現実になってしまっている。
ブルーハーツのマーシーが「世界がゆがんでいるのは、そんな僕の罪のせいだ。」と歌っていたが、本気でそう思えてくる。。

想念や集合意識が現実を作り出しているとか、二、三年前に初めて聞いた時は、ピンとこなかったが、どうやらそうらしい。

戦争とか、飢餓とか、環境破壊とか、そしてそんな規模の大きなことの限らず、病気とか、いじめとか、夫婦喧嘩とか、そんな色々な不快な現象は、一人一人の怒りとか、不安とか、恐れとか、劣等感とか、苛立ち、焦りなどネガティブな想念が生み出しているようだ。

そうとなると、自分も大いに戦争だとか、環境破壊などに加担してしまっている。。

もう何度も書いているのでくどくなるが、【ごみの3R】を例にします。


・・・・・・・・・・・・・念のためまた簡単に説明だけ・・・・・・・・・・・・・・・・
ゴミを減らすための3R
Reduce  (リデュース、ごみそのものを減らす)
Reuse  (リユース、何回も繰り返し使う)
Recycle (リサイクル、分別して再び資源として利用する)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まず一番大事なのはリデュースだと思います。
いくらリサイクルやリユースのアイディアを沢山出したところで、肝心のリデュースが出来ていないと、
水道の蛇口を開けっ放しで、バケツからこぼれた水を一生懸命拭き掃除している様なものです。
バケツから水があふれていたら、拭き掃除する前にまずは蛇口を閉めないと。

怒ったり、恐れたり、焦ったり、ネガティブな感情を持ちながら、環境に良い事をしたとしてもそれは蛇口を閉めないで拭き掃除している様なもの。

本当に反省するところが沢山あります。まずは自分のネガティブな意識を浄化していかないと。
氣付いて、学んで、浄化する。氣付いて、学んで、浄化する。氣付いて、学んで、浄化する。氣付いて、学んで、浄化する。

あまりにも自分の意識が濁っていることに気付くと気が遠くなったりもするけど、そこからコツコツやるしかない。
とても難しく大変なことの様でもあるけど、でも考えようによっては簡単なことでもある。

実はこのくらいの文章を書くのにすごく時間がかかっている。
プラネタリウムのスペースデブリで感じたことは、ものすごく沢山あるのだけど、わたしの語彙や表現力、文章力が乏しいため何度も書き直したり考えて、やっと書いているという感じです。
じゃあ、プラネタリウムを見たあと長い時間かけてゆっくり感じているのかというとそうではなくて、感じたり気付いたりするのはほんの一瞬の事です。言葉でまとめる間もなく一瞬で感じるものです。
それくらい意識と言うのはスピーディーだし現実化してしまう見えない力を持っているのだと思うようになりました。

よく流れ星に3回願い事をすると叶うなんて言うけど、流れ星ってあまりに一瞬でとてもその間に「幸せになりますように。幸せになりますように。幸せになりますように。」なんて言えたものではない。
要は言葉で3回言えることよりも一瞬でそれをイメージできるくらい日頃から習慣付けていれば自ずと実現しますよ。と言う事を昔の人は言いたかったのかな?と思います。


今回はものすごく長い文章になると思っていたのですが、わたしなりにそぎ落としてそぎ落としてコンパクトに書けたかな?と思います。笑


ところで、前回の記事では沢山の拍手を頂きありがとうございます。
このブログにはカウンターを付けていないので、毎日どのくらいのアクセスがあるのか判らないのですが、いったいどのような人が、この拙いブログを見に来て下さっているのかありがたく思うと共に興味があります。
初めは店のブログとして、不特定多数の人が、検索して読んでくれればと思い、動物の事やベジタリアンなどに付いての発信をしたいと思っていたのですが、店とは切り離したので見てくれる人は減るだろうし、だとしたらブログを続ける意味も無いなぁ。。と思っていました。
でも多少なりとも影響があるのだと心して発信してゆきたいと思いました。

そして、昨日書いたことが間違いだと気付いたら、明日は昨日と違う事でも書くようでありたいものです。


ふーー、、なんか今回の記事はさほど長くも無いのにやっと書き終わったーーって感じです。笑

今後もそのような氣付きを拙いながらでも書いていきたいと思います。

でも次回は趣味とか、べジ料理とか、散歩の感想とか、楽~~な事を書こうかな。
[2015/02/05 21:35] | 自然、動物、環境 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
リセット
いつもこのブログに来て下さる方々、ありがとうございます。
「あれ??」
と思われたことでしょう。

色々と思う所あってリニューアルしました。
今までは店のブログとしていましたが、お店のHPも出来たことだし、このブログはすっかり個人的なものにしたいと思いました。
仕事の事はお店の日記に書いていきます。

リニューアルと言っても今後書いていくことは、今までとそう変わらないかもしれませんが。

ものすごく簡単に言うと気持ちの変化だけど、とにかく自分の中で判りやすい区切りを作りたいという感じです。

意図して切りの良い一月の時期を区切りにしようと思ったわけではないのですが、自然の流れで自分の中で今がそう言う時期なのだと感じています。

前々から懸案事項であった、店名や定休日の変更、それに伴う看板や店判等々の変更、そしてずっと取り掛かれずにいたホームページ作成など、焦っても焦っても事が運ばず、と言うか運ばせる気にならずにいたのですが、昨年末に急にHP作成に取り掛かりだして、その他の事も無理なく徐々に動き出した感じです。

このブログも、過去記事と今の自分の意識、考えや行動にギャップや矛盾を感じてきたのもあるし、店のブログと言う形も変えたいと思っていました。
どうしようかなぁ。ブログ自体もうやめようとも思っていましたが、ごく稀に「ブログ更新しないんですか。」
なんて言って下さるお客様が居たりもして、そんな時は凄くうれしいものだし。

じゃあとりあえず区切りとして、FC2からアメブロに引っ越そうかとも思って登録はしてみたものの、使い勝手が馴染めないし色んな面で断捨離したいと思いだした時期でもあるので、すぐに退会してしまいました。


またまた突発的に昨日急にぱたぱたと過去記事を消す作業を始めていました。


今までたくさん拍手やコメントをくださった皆様、ありがとうございます。

まだお会いしたことも無い方々とのつながりも大事にしたいので、このブログを使ったままこの様な形にしたのも、自然と良い選択をしたのだと自分なりに思っています。

さて、ではこれからどんなの事を書きたいかと言うと、今までとそう変わらないので、記事のカテゴリーはそのまま残しました。


自分の中では、色んな想いや心境の変化があったりするのですが、それも大したことではないので
「まあ、ブログ名を変えて、新たに今までと似たようなことを書きはじめるのだな。」
くらいに思って下さい。(笑)

店のブログじゃなくなったので大分気楽にオープンになれるような気がします。

とりあえず急に記事が全部なくなったままでも何なので。


先日、プラネタリウムを見てきました。
スペースデブリ(宇宙のゴミ)についての説明でした。
次回はそれを見て感じた事に付いて書こうかと思っています。

とりあえず今回は、再出発の御挨拶として。
[2015/01/27 10:57] | 色々 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。